ABOUT

裏庭について

”なにもない”

これは、自分の生まれ育った場所に対する言葉。

「ねえ、福島ってなにがあるの?」
「うーん…なにもないよね。」
わたしたちは、この言葉から出発することにしました。
「なにもない」は、ちょっと、否定的な言葉。
否定の言葉を出発点にするのは間違っているかもしれません。

けれどその言葉は、誰かに借りた言葉でも、
飾りつけるための言葉でもない。

誰かのためではなく、福島というローカルのための雑誌。
だからまずは率直に、自分たちの言葉を大切にしたい。
誰も見てこなかった裏庭を書き残すように。
足を運び、耳を傾け、書き、伝えるために、挑戦していきます。

 

裏庭編集部について

裏庭編集部は、福島県出身の若者と、福島県県南地域(しらかわ地域)の高校生を中心に、取材・編集を行っています。
県南地域の高校生は、学校を飛び出して、執筆のために研修に参加したり、取材を行なったり。全国に向けて情報を発信するマスメディアのない地方都市にあって、地域を知り、地域を伝える、小さなローカル・ジャーナリストとして活躍していきます!
編集部は、福島県白河市にある、コミュニティ・カフェ EMANONの中にあります。カフェは、季刊「裏庭」を自由に読めることはもちろん、休憩やミーティングにもお使いいただけます。

運営者情報はこちらへ

季刊「裏庭」について

季刊雑誌「裏庭」は、福島をテーマにしたカルチャー誌です。
”なにもない”福島を記述することを目指し、各号ごとの特集と、分野を横断した連載コーナーがあります。「裏庭」の応援定期購読を申し込みいただくと、高校生が地域で活動するための活動資金になります。ウェブマガジンに掲載した記事はもちろん、紙面でしか読めないエッセイや、B5の紙面を活かしたビジュアルを掲載。ぜひ、応援定期購読を申し込みください。

応援定期購読

①氏名 ②住所 ③電話番号 ④ご職業を添えて、お申し込みフォームから申し込みください。

1. 応援定期購読(無料)
定期購読を申し込んでいただいた方に、創刊号を無料で送付いたします。また、裏庭編集部が発行する無料の媒体が発行された際にも、紙面を送付いたします。
以下のリンクからお申し込みください。
お申込みフォーム
2. 応援定期購読(支援)
高校生が地域で活動するための資金として、寄付金を頂戴した方には、無料の応援定期購読者へのサービスに加え、以下の特典をお送りします。
お申込みフォーム
2,000円
第2号を、2冊まで無料でお送りします。
第2号には御礼のクレジットを記載します(希望者)。
10,000円
第2号を、10冊まで無料でお送りします。
第2号には御礼のクレジットを記載します(希望者)。
50,000円
第2号を、20冊まで無料でお送りします。
また、1ページを使って、御社やサービスの広告記事を執筆します。掲載号は第2号を予定しています。
100,000円
第2号を、50冊まで無料でお送りします。
また、見開きページを使って、御社やサービスの広告記事を執筆します。掲載号は第2号を予定しています。

3. 購入希望「裏庭」ショップより、1冊からご購入いただけます。
https://uraniwamag.thebase.in/

委託販売・施設への設置等

「裏庭」を販売したい、設置したい等のお問い合わせは、個別に対応いたします。「裏庭」編集部 担当の青砥までご連絡ください。
メールアドレス:magazine@uraniwa.jp

ライター紹介

高校生ライター

  • 何とか3年生になれました、きゅうり大好き人間です。大学行けるようにがんばっている夢見る美少女(仮)です。特技は紙さえあれば絵を描いてしまうことです。いつの間にか編集部員になっていました。頑張ります。

  • 編集部員のあさぴよと申します。彦根の高校生と交流してたらいつの間にか編集部員になっていました。光栄です。褒められるとすぐ調子に乗ります。遅刻癖が治りません。白河市長目指してます。EMANONはいいぞ(宣伝)

  • 白河高校演劇部、しらかわ演劇塾所属。市内や各地のイベント等に積極的に参加していきたいと思っています。時間と場所が許す限り、様々なことの取材に行きたいです!演劇に関する情報大歓迎です!

  • 大都会西郷村の出身です。ミーティングを覗いたらいつの間にか編集部員になっていました。楽しく活動していたらあっという間に受験生。現在は使い慣れたスマホを解約して、毎週EMANONで読書&お喋りLifeを満喫中。スマホなんて無くても生きていけるのだ。

  • サッカーが大好きな高校3年生。サッカー部では大して上手くもないのにベテラン名乗っています!(諸説あり)サッカー審判の資格を持っていて最近審判をやっている方が楽しい!とにかく声がでかいです。将来はスポーツの仕事に就きたい。裏庭まじ楽しいよ!みんなも一緒に活動しようぜ!友達たくさん出来るよ!(おおげさ)

大学生ライター

  • ソルティー

    白河市表郷出身。現在は東北大学理学部数学系に所属しており、将来は数学を用いた仕事がしたいと仙台の地で日々努力中。ライターとして記事を執筆する傍ら、Webサイトの編集を兼務(最近はWeb関連の仕事をする比率が高め)、さらに大学では報道部に所属している。特技はカレンダーの曜日を当てること。座右の銘は「継続は力なり」。

  • イノウエ

    宇都宮大学地域デザイン科学部社会基盤デザイン学科兼宇都宮大学写真部・C.C.S.兼裏庭編集部カメラマンです。専門は風景写真、特に鉄道写真が得意です。高校時代は県総文で最優秀賞、全国総文にも出場しました。アニメと声優さんが好きです!あと、バンドリーマーを全国に増やしたい!(笑)

  • 最近、同じ部活の人から誕生日にシャボン玉をもらい、それに1時間ではまってしまいました。次の日、家の前でシャボン玉で遊んでいたら、近所の子供に引かれました。気がつけば、高校生ライターになっていた。文章を書くのは得意ではありませんが、記事を通して情報をコミュニティ内外に発信することに努めます。

  • しんたろう

    今年度からメディア系を専門とする大学生になり、主にIOS向けアプリ開発や映像制作などを学んでいます。その他にも、幅広い分野について学んで、それをEMANONや裏庭の活動などに還元していければと思っています。ちなみに、現在は、透明な板に映像を映す「透過ディスプレイ」を自作中です。

  • 宇都宮大学地域デザイン科学部1年。白河脱出の関東人。相変わらず嵐とディズニーには目がない。「私にたくさんの縁を繋いでくれた方々のように、私も街づくりの中で人と人との縁を結べるような存在になりたい」と思いながら地域について勉強中。前後編の記事の次は何を書こうか悩み中。

  • 山形大学人文社会科学部人文社会科学科人間文化コース1年。絵を描くことと邦楽ロックを聴くことが好きだから、絵画部と漫研と軽音を掛け持つことにした。楽しい。…楽しいけど地元が恋しい。兎に角実家に帰りたくて仕方がない。一人暮らしが辛い。ちなみに山形はラーメン屋さんの店舗数全国1位らしい。でもやっぱり私は白河ラーメンが好き。

編集部


  • 青砥和希(編集長)

    白河市で高校生のためのカフェ、「コミュニティ・カフェ EMANON」を運営中。カフェのマスターにも関わらず、ケーキは作れない。コーヒーしか淹れられない。その代わり編集長としてアンテナだけは高く張っているつもり。写真展の鑑賞とDIYが趣味。

  • 皆さんこんにちは!
    EMANON初期メン「団長」です! 社会人1年目! ライターとしての活動は一時的に終了しますが、陰ながら支えていきます!

  • 高橋ゆき

    福島県石川町出身、東北芸術工科大学洋画コース修了の23歳です。絵画制作のかたわら、エマノンに出入りしながらいろんな人の話を聞いて、そして話して、楽しませて頂いています。未熟者ですが雑誌編集のお手伝いができればなと思っております!よろしくお願いします!

  • 白鳥萌伊

    白河市出身のイラストレーター。上京して2年になりますが白河ラーメンの美味しさを再確認しました。イラスト描いてます。
    twitter
    https://mobile.twitter.com/kumasukisan
    LINEスタンプ
    https://store.line.me/stickershop/author/66299/ja